成仏模型 ~junnishikawの模型日記

プラモデル趣味を再開した時の記録です。

エントリーグレード ガンダム(ライトパッケージVer.)

価格500円で塗装不要の関節フル可動との事で
発売日に早速買って組み立てました。

タッチゲートのゲート跡は結構目立ちます。
アンテナの左先はフラッグ部分でゲートごとちぎれてしまいました。

で、完成。
40年前の同じモチーフと比較。
さすがに頭小さすぎやしないでしょうか??

f:id:junnishikaw:20201220223047j:plain

個人的に武器の付属は不要なのでこれで満足なのですが
世間的には物足りないようでみんな他のキットから武器を拝借しているようです。
なのでウチもやってみました。どや。

f:id:junnishikaw:20201220223225j:plain

追加。ファーストグレードとHGUC(初代)との比較。

f:id:junnishikaw:20201220233211j:plain

 

ほねほねパイレーツ

買い物の時に安かったので衝動買い。

ほねほねザウルスを作る時って
いつもこの太っといゲートを子供きれいに切り取れるのか?
と思いながらニッパーで切り取るんだけど
その度にゲート跡がいつもすごいきれいで
何か加工に工夫があるのかもと思いながら組み立ててます。
試してないけど実は子供用に手でちぎれるのかもしれない。

f:id:junnishikaw:20201219144938j:plain

ちなみにこいつは蓄光素材なので光ります。普通にテンションあがります。
ガンプラとかもやればいいのにと思います。

f:id:junnishikaw:20201219145006j:plain

 

尼崎城シャチホコ

こういうプラモデルがあるのでご紹介。

f:id:junnishikaw:20201130231946j:plain

成型色は複数あります。

f:id:junnishikaw:20201130232024j:plain

接着剤不要のスナップフィットです。
パーツナンバーが組み立て順と一致しています。
材質はプラモデルで一般的なPSではなくABSで、
「PSにしてはかっちりしてるなー」って思いながら
PS用の接着剤を使って組み立ててしまいました。
スナップフィットでも接着剤を使っちゃうのは癖です。

f:id:junnishikaw:20201130232157j:plain

塗装は以前のガチャーネン覚悟のススメの時のように塗ろうとも思ったのですが
せっかく成型色も複数あるし未塗装で作りました。
作ってて楽しかったです。

f:id:junnishikaw:20201130232301j:plain

1/250の尼崎城シャチホコも付属。
1/350大阪城シャチホコと比べるとこんな感じでした。

f:id:junnishikaw:20201230220332j:plain

【追記】バーニングライガーが熊の置物に見えたので咥えさせてみた。
……って熊でも鮭でもねぇ。

GジェネレーションF ガンダムエピオン

頂きもののGジェネレーションFのガンダムエピオンを作ります。
2色成型+シールで充分なカラフルさで手足頭の軸はポリパーツ。

そりゃシールはいずれ剥がれてくるだろうし
プラ軸の関節や組み換え変形のプラ軸は
すぐにヘロヘロになるんだけど
400円でこれだけ満足感あって楽しめたら充分だと思う。

思えばVガンダムからターンAガンダムくらいまでの
ガンプラって500円あれば充分楽しめたんだよなぁ。

小学生の頃、売り場に溢れるプラモデルの中から
うんうん悩みながら一つを選んで買って帰って
ワクワクしながら作った頃の事を思い出しました。

f:id:junnishikaw:20200908003002j:plain

 

フジミ リラックマとキイロイトリ

プラモデルコンテスト参加用に作成。
鉄道模型用の砂を全面に撒いてぬいぐるみのフワフワ感を出す予定も
実際にやるとお地蔵さんみたいな質感になったので
あきらめて普通に作りました。

造形的には寝転ぶポーズの為か腕の付け根に違和感あり。
自立はかなり厳しめです。
他にはお尻と太ももの造形に妙な色気があります。

今回は合わせ目消しする余裕がなかったのですが
くまモン同様合わせ目は目立ちます。

キイロイトリはコンテストには出さなかったので
未塗装のトップコートのみです。

f:id:junnishikaw:20200905174831j:plain

 

マックスファクトリー 龍王丸

ランナー状態で瞳と鳳凰のくちばしだけラッカーで塗装して
シールも貼付した後に
Mr.スーパースムースクリアーのつや消しを吹いてから組立。
完成後ゲート跡の塗装のタッチアップをしてから
再びMr.スーパースムースクリアーのつや消しを吹いて完成。

肩の龍は最初塗装してましたが
あまりにヘタクソだったのでシールに変更しました。
立体モールドの上に貼って段差超えて定着するシールすごい。

f:id:junnishikaw:20200817000358j:plain

あらためて龍神丸のラインを継承しつつ強化風にまとめたデザインが凄い。
変形を追加したせいで不格好になる2号ロボは数しれずなのに龍王丸はそれがない。

f:id:junnishikaw:20200817000509j:plain

龍王丸と言えば本放送当時、
龍王丸初登場の回は用事で視聴できなかったので予約録画していて
後日録画を観ながらさぁ登場するぞって瞬間にテープが終わって
肝心の龍王丸を拝めなかった事を思い出します。

童友社 1/350 大阪城

あれこれプランを考えこんで
作りはじめないのは良くないので
できるだけお手軽に作ります。

f:id:junnishikaw:20200731120105j:plain

さんふらわあの時と同様に
接着剤は付属しないのに昔付属していた頃の名残で接着剤の品質表示が。

f:id:junnishikaw:20200731120229j:plain

解説が読んでて楽しい。

f:id:junnishikaw:20200731120308j:plain

人力車の時の様に各部品の解説が。

f:id:junnishikaw:20200731120426j:plain

デカールの表面にタミヤのつや出しニスを塗ります。
これでデカールにヒビが入っていても守ってくれるそうな。

f:id:junnishikaw:20200731120525j:plain

石垣はタミヤのスミ入れ塗料と
ガンダムマーカースミ入れ用筆ペンを使って
お手軽にできるかと頑張りましたが
汚くなるばかりで失敗でした。

f:id:junnishikaw:20200731120748j:plain

説明書の指示通り+ここはこの色だろ、と思った所を部分塗装。
今回は後かたずけを撤廃すべくマーカー塗料オンリーで塗ります。
境界線とかはかなりアバウトにやってます。雰囲気で。

f:id:junnishikaw:20200731120914j:plain

屋根の裏は白を指定ですが表と裏の境界だけはしっかり塗って
あとはざっくりで済ませました。

f:id:junnishikaw:20200731121053j:plain

タミヤデカールのりとマークフィットを使ってデカール貼り。
やっぱりいくらかは貼る段階で破れました。
そして虎のデカールが半分上下逆です。お恥ずかしい。

f:id:junnishikaw:20200731121242j:plain

プレートは下地にグレーを塗ってから金のマーカーで文字とふちを。
城自体の組立は屋根と壁を交互に組むのですが虎の壁の所で段を間違えて
直してる時にデカールをボロボロにしてしまいました。
トップコートを吹いて完成。3時間弱くらいかかりました。

f:id:junnishikaw:20200731121514j:plain

バリは多かったけれど部品の合いは大丈夫でした。

大事なのは説明書の"図"の通りに組むのでなく説明"文"の通りに組み立てる事。

塗装箇所少なかったので未塗装でもそこそこイケると思います。

f:id:junnishikaw:20200731121613j:plain

写真では伝わりづらいですがこの内側からの景色が螺旋階段のような良さが。

f:id:junnishikaw:20210211231011j:plain

【追記】中が空洞という事は……。セロテープで雑に作ったこれを中に仕込めば。

f:id:junnishikaw:20210211231051j:plain

おぉ、いい感じ。
こういう遊びが手軽の出来るの楽しい。